4万で購入できるシンプルなノートPC

日本ではあまり名前を聞かないノートパソコンがあります。Chromebookというノートパソコンです。アメリカでは年間1,200万台以上も販売されているパソコンです。

日本ではあまり聞き馴染みのないChromebookというノートパソコンですが、なぜ米国では売れているのでしょう。

  • 安い
  • 作りがシンプル
  • クラウド

この3つが大きなポイントです。

 

教育市場でたくさん売るとなると、とんでもない台数になります。1台10万するノートパソコンを、生徒が100人いる学校に導入しようとすると、1千万もかかります。これがChromebookだとコストが大幅に下がります。1台3万のChromebookを導入すると3百万です。その差700万です。ここまで値段が違うと、Windowsだからといって、おいそれと購入する訳にはいきません。

 

Chromebookはただ安いだけではありません。作りがシンプルなので、WindowsやMacより管理が簡単です。久しぶりに立ち上げると、たくさんのアップデートで時間がかかるWindowやMacと違い、アップデートもすぐに終わります。

 

Chromebookのシンプルさを支えているのがクラウドです。端末にたくさんのアプリケーションを溜め込むのではなく、クラウドを中心に作られています。手元にある端末にはほとんどデータを置かず、クラウド上に保管して動かします。だからChromeというブラウザーしか動かないOSが成り立つのです。

 

作りがシンプルだから処理が軽い。処理が軽いから、高性能な機械にしなくていい。高性能じゃないから安い。

 

コンピューターの常識をひっくり返すような考え方で作られているのがChromebookなのです。

 

続きを読む 0 コメント

10万以下で購入できるノートPCを探してみました

年末商戦が終わって、年が明けました。どこにいっても人、人、人。こんなに人がいたのかと、思わず疑問に思ってしまうほど人がいます。普段はそこまで混んでいない電気屋さんも、ものすごい賑わいです。あまりに人が多くて、自由に目当ての商品を触ることもできません。ちょっと触っただけではモノの良さは分からないので、購入するからには触って確認はしておきたいところですが、なかなか触る時間が取れない人もいるでしょう。

 

どんなノートPCを購入したらいいか分からない方のために、10万円以下で購入できるオススメのノートPCを紹介します。

続きを読む 0 コメント

2016年末オススメのノートPC

続きを読む

iPhone7でパソコンいらず

続きを読む

端末は何でもいい時代になった

Windows PC、Mac、iPad、Androidタブレット、iPhone、Androidスマートフォン。一般的に認知されているプラットフォームは、この6つでしょう。さらに大きく括ると、Windows PCとMacがパソコン、iPadとAndroidタブレットとiPhoneとAndroidスマートフォンがモバイルという括りになります。

それぞれのプラットフォームに細かい違いはありますが、様々なものが急速にクラウド化していくことで、細かい違いを吸収することができるようになりました。もはや、どのプラットフォームを使っても、なんだって出来る時代になりました。パソコンじゃないからできない、スマートフォンでは無理だよね。そういったことは過去の話です。プラットフォーム毎に得手不得手はあっても、できないことはありません。

パソコンの進化が止まっている中、モバイルだけが急速に進化してきました。明らかに性能差があったのに、今では多くのノートパソコンと同等の性能を備えるまでになりました。手のひらに載るほどの大きさの端末で、パソコンと同じようなことができてしまうのです。インターフェイスの違いはあっても、もうできないことなんてありません。パソコンもモバイルも同等の性能です。どうやってそれらを使うのか。使い手の工夫に、今の端末は応えてくれます。

道具をどう使うのか。これこそが、僕らに今求められていることでしょう。

0 コメント